結婚式場の選び方を伝授|皆がハッピーになれる場所

男女

神社で挙式する

新郎新婦

特徴

神社挙式とは即ち、神社で挙げる結婚式の事です。いわゆる神前式の結婚式の事ですが、神前式とは文字通り日本古来の神様の前で結婚の誓いをする挙式スタイルなので、必ずしも神社で行われるわけではありません。事実神前式は結婚式場やホテルに併設された、神殿で行われるのが一般的です。その方が披露宴会場と一体化していたり、宿泊や交通の便もよいので色々と便利です。神社挙式の場合には、いわゆる通常の神社で特別に行われる結婚式です。言ってみれば神前式という大きな枠組みの中で、その一つの形式が神社挙式だと思っていただいて結構です。式が行われるのは一般的な神社ですから、当然一般の参拝客や観光客の人もいる前で行われます。式の流れは一般的な神前式とほぼ同じですが、場所が神社の拝殿で行われるという事もあって、独特の神聖な雰囲気を存分に味わえるのが大きな魅力です。そして神社挙式の醍醐味と言えるのが控えの間から式場、つまり神社拝殿までを新郎新婦、両家親族ともども列をなして移動する花嫁行列です。ホテルや式場でも神殿の構造によっては花嫁行列をするのですが、この場合は人目にはつきません。神社で行う場合基本的には神社の境内を進むので、一般の参拝客にも当然お披露目されます。まるでお姫様になったかのように、大勢の人の注目と羨望のまなざし、そして祝福を受けつつ境内を進む、それは気恥ずかしくもあり、同時にこの上なく嬉しくもある、そんな特別な時間でしょう。花嫁行列をするその瞬間は、由緒正しい神社の中で新郎新婦二人が主役になる瞬間でもあるのです。神社挙式をしたい場合には神社が会場となるので、事前に挙式できるかどうかの確認が必要です。著名な神社であれば挙式する人も多く、事前にいくつかプランなども用意されているので、特にこだわりがないならそうした神社を選ぶと楽です。